未分類

誰でもわかる自動車保険の等級

こんにちわ、シクミです。





今回は、自動車保険の等級について解説していきます。





等級とは自動車保険の保険料を決める基本的な仕組みですが、

意外と複雑になっていますので、誰にでも分かるように解説します。






そもそも等級って何?

そもそも等級とは何か?





結論から言うと、保険料の割増引率のことです。





例えば「20等級」で無事故なら63%引き、「10等級」で無事故なら45%引きとなります。

つまり各等級に割増引率が紐付いているのです。

当然、等級が低くなれば、割増となります。

等級は下は「1等級」から上は「20等級」まであります。





ちなみに、この等級制度は所有・使用する自動車の総契約台数が9台以下の場合です。





新規で自動車保険に入る場合の等級は?

ずばり6等級(S)となり、4%との割増となります。





そして1年間、無事故の場合、1年後には7等級となり、30%との割引となります。

つまり1年間、無事故の場合、等級は1つ上がり、保険料が下がります。





事故を起こしても、等級は変わらない!

みなさんはよく勘違いをされています。





事故を起こすと、保険料が上がる。つまり等級が下がる。

半分正解で、半分不正解です。





保険を使用するから、等級が下がる

事故を起こし、自動車保険を使用する。

その結果、等級が下がり、保険料が上がります。





つまり、事故を起こしただけでは等級は変わりません。





ダウンする等級も色々

事故によって下がる等級も様々です。





  • ノーカウント事故・・その名の通り、事故の件数に数えない事故をいいます。つまり翌年には等級が1等級上がります。(例)人身傷害保険事故、弁護士費用特約事故
  • 1等級ダウン事故・・翌年の等級が1等級ダウンします。(例)契約車両が盗難にあった際の車両保険事故、台風、竜巻、洪水または高潮の際の車両保険事故
  • 3等級ダウン事故・・翌年の等級が3等級ダウンします。(例)対人賠償保険、対物保険




同じ等級でも保険料が大きく違う『事故有』

同じ等級でも大きく保険料が違うことがあります。それが『事故有』と『事故無』です。





例えば同じ10等級でも無事故の10等級と、13等級から事故をして保険を使用し、

等級ダウンをした結果の10等級では保険料が大きく違います。前者は45%引き、後者は

23%引きとなります。

前者は10等級『事故無』、後者は10等級『事故有』と表現されます。

3等級ダウンの事故を起こした場合は翌年から3年間、『事故有』

1等級ダウンの事故を起こした場合は翌年から1年間、『事故有』となります。





等級は持ち運べます

上記に書いた通り、等級というものは保険料に非常に大きな影響を与えます。





しかし、1年間無事故でようやく1等級上がるという仕組みになっており、

保険会社を変える度に、6等級に戻っていると、消費者にとっては非常に不利益です。





そこで、この等級は一部の保険会社を除き、持ち運びが出来るようになっています。





例えばA社で「15等級」で契約をしており、無事故の状態でB社に乗り換えたい

と申し出た場合、A社で手続きをすることにより、B社でも「15等級」で契約を

することが可能です。





まとめ

どんな些細なことでもあった際は保険会社に連絡をしましょう!





上記に書いた通り、事故を起こしただけでは保険料は変わりません。

ですから何かあった際は、まずは保険会社に連絡し、

どの等級ダウンの事故なのか、どういう保険金が出るのか、

しっかり確認をしましょう。

-未分類

Copyright© 保険ライブラリー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.