未分類

自動車保険 ネットで入るデメリット!

こんにちわ、シクミです。


今回はネット経由で自動車保険に入る時のデメリットについて解説します。


まず、結論を言います。





デメリットは特にありません!





ネットで自動車保険に入ろうと考えているけど、何かデメリットがあるのではと心配している方も多いと思いますので、その部分を解説していきます。



ダイレクト型と代理店型のちがい





まずは現在ある自動車保険の2つの仕組みについて解説していきます。





ダイレクト型の自動車保険とは





ダイレクト型とは、この文章を読んでいる皆様が検討されているような、契約をする方が

直接、保険会社とやりとりをするパターンです。ほとんどがインターネットで契約をする

ことが出来ます。例えばセゾン自動車やSBI損保がこれに当たります。





代理店型の自動車保険とは





代理店型とは、保険会社と契約をする方の間に代理店が入り、契約をする方は主に代理店と

やりとりをするパターンです。この場合の代理店というのは自動車のディーラーや○○保険

という保険のプロの方などです。例えば東京海上や損保ジャパンがこれに当たります。



ダイレクト型って保険料安いの?





結論、基本的に安いです。



ダイレクト型が安い理由


ダイレクト型が安い理由、企業努力も当然あると思いますが、一番の理由は代理店手数料

です。文章で説明するよりも図で見て頂いた方が分かりやすいと思いますので、下記の図

を見て下さい。





代理店型の仕組み

保険会社 ⇒ 代理店(ディーラーや○○保険など) ⇒ 契約者





ダイレクト型の仕組み

保険会社 ⇒ 契約者





上記の通り、代理店型の場合、契約者にいくまでにダイレクト型に比べ、1社多く入りま

す。人が入るということは、そこには当然コストがかかります。それが代理店手数料です。


だからダイレクト型は安いのです。





ただし一部、例外があります。



団体割引という例外


ただ例外的に代理店型でもダイレクト型と同じくらいの保険料、もしくは更に安いという時

もあります。どのようなケースかと言いますと、企業にお勤めの方が、その会社を通して

保険に加入しているような場合です。この時に出てくるのが団体割引です。


例えばXYZという企業があったとします。その場合、XYZは社内もしくはグループ会

社(XYZ保険代理店みたいな感じ)に保険代理店の機能をつくります。





そして、XYZの社員に保険をXYZ保険代理店を通して加入してもらいます。





XYZ保険代理店としては、ある程度の数が見込めるので、保険会社から特別な割引をして

もらえます。XYZとしては保険の手数料という本業以外の収入が得られ、XYZの社員と

しても通常より安い保険料で加入でき、企業にとっても、社員にとってもウインウインな関

係です。


このような形で保険に加入している方は、ダイレクト型に変えても、それほど値段的なメリ

ットがない時があります。



いざという時、大丈夫?





結論、問題ありません。





対人、対物という面で見れば、ダイレクト型も代理店型も基本的に対応は同じです。

当然、様々な条件(年齢など)を付ければ変わってきますが、条件が同じであれば、基本

的には対応は同じです。





理由を説明していきます。

保険会社は、約款というものを定めていて、それに基づいて支払いをします。

約款とは各保険会社が定めている、こういう時に保険を支払いますやこういう時は保険を

支払いませんといった約束みたいなものです。


保険会社にとって、約款は絶対です。





その約款が対人、対物でいえば、どこの会社もそれほど差がありません。





つまり、支払内容や条件が変わらないということです。

まとめ





ダイレクト型でも特に問題ありません。


私の知り合いで代理店型の保険会社に勤めている人がプライベートの自分の保険はダイレク

ト型なんていうことは、よくあります。そういうことです。


ただし、対人、対物以外の特約等は会社によって大きく変わってきますので、検討が必要で

す。あわせてお客様対応のクオリティという面でも千差万別であるということは付け加えて

おきます。




*上記内容はあくまでも私見であり、契約に関しては各自が責任をもって検討して下さい。

当方では支払に関する責任は一切負いかねます。

-未分類

Copyright© 保険ライブラリー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.