未分類

【1日から入れる自動車保険を徹底比較(コンビニ編)】

今度のお正月、実家に帰った時に実家の車を運転するんだけど保険って掛けれるの?

1日だけの自動車保険があるって聞いたけど、どんな補償なの?


このような悩みに答えます。


私は損害保険会社で約10年、約1,000件の交通事故の対応をしてきました。





そんな私が今回は大手コンビニ2社、

ローソン(ちょいのり保険)とセブンイレブン(1DAY保険)で

販売している1日から入れる自動車保険について比較解説していきます。


どちらも非常に良い保険となっていて、決めれない方もいると思いますが、

10項目に分けてしっかり解説していくので安心して下さい!


本記事を読んで『自分の用途、予算にどちらが合うか』の参考にしていただければと思います。


ちょいのり保険と1DAY保険を10項目で徹底比較





保険名 ちょいのり保険 1DAY保険
コンビニ ローソン セブンイレブン
プラン プレミアム スタンダード   プレミアム スタンダード エコノミー
24時間あたりの保険料 2,100円 1,500円 500円 2,500円 1,000円 800円
対人賠償責任保険 無制限 無制限
対物賠償責任保険 無制限 無制限 無制限(免責5万円)
対物超過修理費特約 あり(上限50万円) あり(上限50万円)
搭乗者傷害特約 あり あり
自損事故傷害特約 あり あり
ロードサービス あり あり
車両復旧費用保険 あり(自己負担10万円) あり(事故負担15万円) なし あり(自己負担15万円) なし なし
弁護士費用特約 あり なし なし なし
運転手の追加 運転手の追加最大3名まで定額 運転手の追加一人につき、プラス上記保険料の4%引き
追加保険料+1,050円 追加保険料+750円 追加保険料+250円 一人につき+2,400円 一人につき+960円 一人につき+768円


順番に見ていきます。



①価格

保険名 ちょいのり保険 1DAY保険
コンビニ ローソン セブンイレブン
プラン プレミアム スタンダード   プレミアム スタンダード エコノミー
24時間あたりの保険料 2,100円 1,500円 500円 2,500円 1,000円 800円

価格はそれぞれですが、とりあえず安くしたいのであれば

「ちょいのり保険 500円のプラン」が最も安いですね。





対人、対物については無制限で付いてますので、相手への賠償だけで良いのであれば、

こちらで大丈夫です。



②対人賠償責任保険

保険名 ちょいのり保険 1DAY保険
コンビニ ローソン セブンイレブン
プラン プレミアム スタンダード   プレミアム スタンダード エコノミー
24時間あたりの保険料 2,100円 1,500円 500円 2,500円 1,000円 800円
対人賠償責任保険 無制限 無制限

こちらは「ちょいのり保険」と「1DAY保険」ともに無制限で付いています。

よって問題なく、差もありません。



③対物賠償責任保険

保険名 ちょいのり保険 1DAY保険
コンビニ ローソン セブンイレブン
プラン プレミアム スタンダード   プレミアム スタンダード エコノミー
24時間あたりの保険料 2,100円 1,500円 500円 2,500円 1,000円 800円
対物賠償責任保険 無制限 無制限 無制限(免責5万円)

こちらも「ちょいのり保険」と「1DAY保険」ともに無制限となっていますが、

「1DAY保険」のエコノミーに関しては免責金額が5万円ありますので、ご注意下さい。





*自己負担とは・・事故が起きた時に契約者自身が負担する金額です。

例:事故負担5万円で相手の自動車の損害が30万円となった場合、

  保険会社が25万円支払い、契約者が5万円負担することになります。



せっかく保険を掛けるのですから、いざという時の為に、

免責はないものを選ぶ べきです。



④対物超過修理費特約

保険名 ちょいのり保険 1DAY保険
コンビニ ローソン セブンイレブン
プラン プレミアム スタンダード   プレミアム スタンダード エコノミー
24時間あたりの保険料 2,100円 1,500円 500円 2,500円 1,000円 800円
対物超過修理費特約 あり(上限50万円) あり(上限50万円)

こちらは「ちょいのり保険」と「1DAY保険」ともに50万円を上限に付いており、

差はありません。



あまり聞きなれない保険ですが、下記のような時に活躍します。



*相手の車を交通事故で壊してしまった。

古い車で今の価値は30万円程度だ、しかし修理代は50万円かかると修理工場から

見積もりが出ている。こんな時、本来であれば車の価値である30万円が上限となります。

そうすると相手は「そんなお金は要らない。とにかく事故の前の状態に戻してくれ」

と言います。こんな時に対物超過修理費特約があれば、50万円までならば修理代を

支払うことが出来ます。これが出来るか出来ないかで事故が解決に至るまでの時間が

全然違います。



⑤搭乗者傷害特約

保険名 ちょいのり保険 1DAY保険
コンビニ ローソン セブンイレブン
プラン プレミアム スタンダード   プレミアム スタンダード エコノミー
24時間あたりの保険料 2,100円 1,500円 500円 2,500円 1,000円 800円
搭乗者傷害特約 あり あり

こちらも「ちょいのり保険」と「1DAY保険」ともに付いてますが、

保険金に少し違いがあります。契約の車に乗車中の事故によりケガを

してしまった時にケガをした人に支払われるという点では同じですが、

保険金の金額が少し違います。



「ちょいのり保険」は治療日数が1日以上5日未満の場合は1万円、

打撲や捻挫で治療日数が5日以上の場合は10万円、

骨折等で治療日数が5日以上の場合は30万円となります。



「1DAY保険」は治療日数が1日以上5日未満の場合は1万円、

5日以上の場合は10万円となっています。



つまり怪我によっては「ちょいのり保険」の方が保険金が多くなります。



⑥自損事故傷害特約

保険名 ちょいのり保険 1DAY保険
コンビニ ローソン セブンイレブン
プラン プレミアム スタンダード   プレミアム スタンダード エコノミー
24時間あたりの保険料 2,100円 1,500円 500円 2,500円 1,000円 800円
自損事故傷害特約 あり あり

「ちょいのり保険」と「1DAY保険」ともに付いてますが、

保険金に少し違いがあります。

契約の車に乗車中の事故によりケガをしてしまった時に、

自賠責へ保険金を請求出来ない人は

こちらの特約の保険金を請求することが出来ます。

例えば、契約の車で単独事故を起こした際の運転手がそれに当たります。

ちなみに同乗者はこの特約は使用出来ません。



「ちょいのり保険」は

入院1日6,000円、

通院1日4,000円、

上限が100万円 となります。



「1DAY保険」は

治療日数が1日以上5日未満の場合は5,000円、

5日以上の場合は打撲、捻挫は5万円、骨折等は15万円となっています。



この違いは趣味のレベルなので

お好きな方をお選びいただければ良いと思いますが、

私としては定額キッチリ支払われる

「1DAY保険」をおすすめします。



⑦ロードサービス

保険名 ちょいのり保険 1DAY保険
コンビニ ローソン セブンイレブン
プラン プレミアム スタンダード   プレミアム スタンダード エコノミー
24時間あたりの保険料 2,100円 1,500円 500円 2,500円 1,000円 800円
ロードサービス あり あり

「ちょいのり保険」と「1DAY保険」ともに付いており、

ロードサービスの適用の条件は共に借用自動車が

「事故または故障等により走行不能となること」ですが、

そのサービスに違いがあります。



車両搬送サービス

借用自動車が走行不能になった現場から、修理工場まで搬送するサービスですが、

「ちょいのり保険」では15万円が上限ですが、

「1DAY保険」では30万円が上限となっています。

つまり「1DAY保険」の方が上限が高く設定されています。

簡単に言うと長い距離の搬送が可能ということです。



その他のサービス

「1DAY保険」では、車が走行不能になり、

地理的・時間的に帰れない場合は、

その宿泊費用も1名につき1万5千円まで保険で支払われます。



まとめ

「ちょいのり保険」、「1DAY保険」共にロードサービスは付いてますが、

「1DAY保険」の方が手厚い内容となっています。



⑧車両復旧費用保険

保険名 ちょいのり保険 1DAY保険
コンビニ ローソン セブンイレブン
プラン プレミアム スタンダード   プレミアム スタンダード エコノミー
24時間あたりの保険料 2,100円 1,500円 500円 2,500円 1,000円 800円
車両復旧費用保険 あり(自己負担10万円) あり(自己負担15万円) なし あり(自己負担15万円) なし なし

こちらは借りていた車の補償です。

つまり借りていた車に事故等で損害を与えてしまった場合、

その費用が保険で支払われるというものです。

車の修理代というものは意外と高くつくもので、

軽くぶつけただけでも、20万円くらいは当たり前です。

交差点の出会い頭でぶつければ50万円はいきます。

つまり是非、付けた方が良いということです。



内容ですが、上限は300万円ということで同じです。

違いは自己負担金です。

自己負担金とはどういうことかと言いますと、

例えば修理代が50万円かかったとすると、

自己負担金が10万円の場合は、

契約者が10万円支払い、保険会社が40万円支払うということです。

つまり修理代が自己負担金以下の場合、

例えば修理代5万円、自己負担金10万円の場合は

保険会社からは全く支払われないということです。



この観点から二つの保険を比べてみると、

保険料が2,100円で自己負担金が10万円の

「ちょいのり保険」がコスパが良いと言えます。



⑨弁護士費用特約

保険名 ちょいのり保険 1DAY保険
コンビニ ローソン セブンイレブン
プラン プレミアム スタンダード   プレミアム スタンダード エコノミー
24時間あたりの保険料 2,100円 1,500円 500円 2,500円 1,000円 800円
弁護士費用特約 あり なし なし なし

こちらは「ちょいのり保険」のプレミアムにのみ付いています。

事故などにより被害を受けた場合、

その損害賠償請求の際の弁護士費用を保険で支払ってもらうものです。

交通事故の交渉というものは、なかなか難しいものです。

そんな時に弁護士に頼むというのが、最近のながれです。

これは是非あった方が良いです!



⑩運転手の追加

保険名 ちょいのり保険 1DAY保険
コンビニ ローソン セブンイレブン
プラン プレミアム スタンダード   プレミアム スタンダード エコノミー
24時間あたりの保険料 2,100円 1,500円 500円 2,500円 1,000円 800円
運転手の追加 運転手の追加最大3名まで定額 運転手の追加一人につき、プラス上記保険料の4%引き
追加保険料+1,050円 追加保険料+750円 追加保険料+250円 一人につき+2,400円 一人につき+960円 一人につき+768円

両方とも運転手の追加は可能ですが、

その際の追加保険料に差があります。

「ちょいのり保険」は3名までは定額で追加できますが、

「1DAY保険」は追加一人につき上記金額がかかります。

この観点から考えると

「ちょいのり保険」がコスパが良いと言えます。



結論





私のおススメは





「ちょいのり保険のプレミアム」です。



ロードサービスが若干弱いですが、その他の部分が明らかに良いです。

実際、ロードサービスも15万円あれば、

ある程度のところまで搬送出来ますので、

よほど山奥から遠くまで運ぶなどでないかぎり、大丈夫です。





ただし注意としては「ちょいのり保険」のプレミアム、スタンダード、

「1DAY保険」のプレミアムについては契約を、

使用日の8日以上前にしないといけないので

早めの手続きが必要になります。





おススメの「ちょいのり保険」については

ローソンの店舗での手続きもしくは

インターネットで手続きが出来ますので

是非、早めにやっておきましょう!





*上記内容は記事を書いた時点のものであり、

必ずしも最新のものではありません。

契約の際は内容を十分にご確認下さい。

なお保険の支払については当方では一切責任は負えません。

-未分類

Copyright© 保険ライブラリー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.